資金計画アドバイザーについて

資金計画アドバイザーの実力

  1. ライフシミュレーションに基づく資金計画こそが、住宅購入を成功させるコツ。

    だからこそ、信頼できるアドバイザーがいるかいないかで、結果は大きく違ってきます。

資金計画のプロである鬼定佳世はじめラフィーヌ財務総研の認定資格「資金計画アドバイザープレミア」の取得者は、専門知識の研修プログラムを受講後、テストに合格した者だけがアドバイザー資格を取得しているので、認定取得者には安心してご相談いただけます。

研修内容は、ライフプランを考えた住宅ローンアドバイスはもちろん、生命保険や相続・贈与税対策から、教育資金アドバイスまで。人生における様々な局面 に合わせた、ベストな助言をお約束します。

銀行や保険会社のファイナンシャル・プランナーは金融の専門家ではあっても、住宅に関する知識そのものに強いとは限りません。住宅会社所属だからこそ、マイホーム取得のためのあらゆる問題に精通 。アドバイスのみならず、あなたの条件に合わせたご提案までできるのです。

資金計画アドバイザーの提案力

  1. 住宅ローンを決めるとき、どなたに相談しますか?

    多くの方が銀行に相談すると答えると思いますが、例え銀行と言えど、本当にあなたにとって最適なライフプランを考えた資金計画を提案してもらえるとは限りません。 また購入予定の不動産・建設会社に勧められるまま住宅ローンを組むことは、時として大変危険です。

なぜなら、契約を成立させることを優先するがあまり、住宅ローンの安全性よりも見た目の安さ等をアドバイスしているケースも残念ながら多いです。

何しろ住宅ローンと一口に言っても、様々な種類があり、借り入れ先だけでも、住宅金融支援機構、財形住宅融資、都市銀行、地方銀行、ネットバンク、信用金庫、信用組合、JAなど枚挙にいとまがないほど。加えて、固定金利、変動金利、固定期間選択型など、多種多様な住宅ローン商品群。今全国には、4800種類以上の住宅ローンがあると言われています。この中から、それぞれのメリット・デメリットを見極め、あなたにとって最適な一種類を選ぶのは、専門の知識がなければ不可能だといっても過言ではありません。

その点、鬼定佳世はじめ資金計画アドバイザープレミアの認定取得者なら、その豊富な知識と経験で、最適な住宅資金計画の立案が可能です。