生命保険の見直し

住宅ローンは生命保険そのもの

  1. 現在、住宅ローンは、日本全国に約4,800種類以上あると推計されます。その中で、自分に最適な住宅ローンを選ぶため、適正なライフシミュレーションは不可欠です。

    なかでも、最初に考えるべき項目として、住宅購入前と購入後の生命保険の見直しは必ず必要です。

住宅ローンを組むの場合、「団体信用生命保険」加入は必須項目で、債務者様に万が一の事態が合っても、これで住宅ローンは完済されて住宅が残ります。

一番困るのは、病気などで長期に収入がなくなる時。リスク回避のためにも、医療保障内容を充実させることが重要となります。

つまり、住宅ローンは生命保険そのもの。
この意味で、家を買うことは安心を買うことと同意語なのです。

また、必要以上の保険に加入し、家計を圧迫しているケースも多いようです。

生命保険を定義付けるとすれば、「経済的な打撃を回復する制度」となります

生命保険の定義をしっかりと見極めて生命保険を見直すことで、あなたの家計も数万円の余裕が出てくることもありますので、住宅購入をする際には、必ず生命保険の見直しも行いましょう。

  1. 社会保険等の保障(補償)をしっかり理解し、実際のリスクとの差額を生命保険で補うという考え方をすれば無駄は省けます。その分貯蓄にも資金を回すことができます。そもそも生命保険への加入動機として「心配だから加入する」というのが多く見受けられますが正しい考え方とは言えません。

生命保険は「何事」もなければ、保障を受けることすらなくなり、保険料の「支出」のみを長期間に渡って行うことになります。

あくまで経済的打撃を把握し、それを回復=補うことを前提に考えてゆくことが正しい考え方といえるでしょう。

関連項目