家はもうひとつの貯金箱

住宅購入は、将来へのリスクヘッジをしっかりと考えて、正しい知識をもって

住宅購入や住宅ローンを検討し始めた方の頭をよぎる不安の一つに、老後についての不安が見受けられます。

  • □ このままの年金制度で本当に年金を受給できるのか?
  • □ 老後の生活費をしっかりと貯蓄していけるのか?
  • □ 収入がなくなってしまって、ローンの返済を続けられるのか?
  1. 考え出すと不安が重なり、家づくりをやめたくなってしまう方もいるでしょう。

    ただ、今の日本には、それらの不安を解消するための家の建て方、住宅ローンの組み方が存在します。

今、家を建てるなら、やはり将来にわたっても資産価値を維持し、万が一があった時にも、様々な選択肢として「家をお金に変えることができる」よう、最低限の知識を備えておく必要があります。

将来における、家を私の年金としてお金に換える選択肢
□ 売る
□ 貸す
□ 信託する
□ リバースモーゲージ

これら、どの選択肢を選ぶとしても、家を建てる時、購入するときの、住宅ローンと家の正しい選択が重要です。

今、「家はもう一つの貯金箱」になる時代です。住宅購入は、将来へのリスクヘッジをしっかりと考えて、正しい知識をもって、臨む必要がありますね。

夢のマイホームは、建てて終わりではありません

  1. 住宅購入は常に「政策」を識ることを必要とします。現状においては「地球環境」に配慮した「ZEH基準(ゼロエネルギー住宅)」対応、そして第3の年金として活用できる「高性能住宅」というのが正しい判断材料となります。


関連項目