電力の自由化

こんにちは、ファイナンシャルプランナーのonisadaでございます。

師走に入り、本年の業務も佳境に入られた方も多く、お忙しい日々をお過ごしではないでしょうか。すっかり気温も冬本番という感じですね!寒さに負けない様しっかり防寒対策を

して乗り切りましょう!

 

さて今月の一言は、来る来年4月からの電力自由化に向けて、皆様の生活に役立つ情報をお届けしたいと思います。

 

ちらほらとTVや新聞などでも情報が出始めている『電力の自由化』

何が行われるか皆さんご存知でしたか?

 

今までどの家庭でもガス会社は様々な会社を選んでいると思いますが、『電力会社』というと地域でほぼ一つの会社しか利用されたことがないのではないでしょうか?

関東であれば『東京電力』、関西なら『関西電力』など日本の地域毎に独占市場の状態が

電力会社の常識でした。

 

来年4月からは名前の通り、この電力会社の選択が『自由化』される事になっています。

 

1207

こちらのイメージのように今までの電力会社以外からも新たに電力を販売する

『新規事業者』が参入してきます。

いままで比較される事がほとんどなかった電気料金も、新規に電力を販売する会社が参入する事で価格やサービスの競争が始まります。

実際に携帯会社やインターネット通信会社が参入する事で、携帯料金やネット利用と併せた電力の販売計画なども予定されており、消費者としては選択が広がる分、しっかりと知識を身に付けなければ損をする事も出てきます・・・

 

戸建住宅であれば、自宅で使っている電力をモニタリングして、時間帯ごとに電力の利用方法を変更する・・・なんてことも可能になってくるでしょう。

 

将来を見越して、ランニングコストを賢く減らす為にも、家庭の電力を記録する『HEMS』

などのシステム導入もオススメします^^

 

住宅にまつわる電力システムや設備については、住宅のプロにご相談をオススメします!

詳しくはご相談くださいね!

株式会社ラフィーヌ財務総研 代表取締役 鬼定 佳世

最新記事